お子さまを亡くされたら

ホーム >  お子さまを亡くされたら

大切なお子さまを亡くされたご家族さまへ

大切なお子さまとのお別れは大変お辛いことでしょう。
きっと動揺もされていることだと思います。
私達、吹田動物霊園のスタッフの多くはご家族さまと同じく
最愛の子(ペット)を亡くし、つらく悲しいお別れを経験しました。
まずは心からお悔やみを申し上げます。

お子さまとの悔いのないお別れをしていただくため、まずはご自宅でお子さまにしてあげられるご準備をしてあげましょう。

お別れのご準備

  • まずは、お子さまを安置する場所を決めましょう。

    できる限り直射日光が当たる場所や暖房を効かすお部屋は避けましょう。

    風通しの良い涼しい(夏場は冷房の効いたお部屋)場所が理想です。

  • お子さまを寝かしてあげる床(トコ)を準備しましょう。

    お子さまが愛用されていたベッドや毛布に寝かしてあげましょう。 お子さまの体から体液や排泄物がでてくることがございます。お子さまの体やベッド・毛布・床の汚れが気になる時はペットシーツ等を上手に使ってあげてください。

    タオルなどで枕を作り、頭が少し高くできるようにしてあげましょう。

  • お子さまを寝かせてあげましょう。

    お子さまを寝かせたあと、手足が伸びた状態なら少しまげて体に寄せ楽な姿勢にしてあげてください。 硬直が始まっている場合は無理せずそのままにしてあげましょう。特に大きなお子さまは早めに楽な姿勢にしてあげましょう。

    保冷剤や氷袋等でお腹の辺りを冷やしてあげましょう。 保冷剤が2個以上あるようでしたら、一つは枕の中に入れ首元から頭を冷やしてあげてください。夏場はできる限り保冷効果を高めてあげてください。

  • お子さまを清めてあげましょう。

    愛用のブラシなどで毛並を整え、ぬるま湯で湿らせしっかりと絞ったタオルなどでお体を綺麗にしてあげましょう。 よくあることですが、お口やお鼻・お尻などから体液や排泄物がでてくることがありますが、その都度拭いてあげてください。時間が経つと自然にとまる事が多いようですが、少し長引くようでしたらコットンやティッシュなどを詰めてあげても良いでしょう。

お辛い中、本当にお疲れ様でございました。

ご家族さまも大変お疲れのことと思います。
初めてのご経験でどのような形のお別れをしてあげられるのかも分からないのではないでしょうか?

当園ではお子さまが天国へと旅立てるように、お子さま・ご家族さまのことを何よりも大切にし、心からのお手伝いをさせていただきます。

ご自宅訪問